ゆうちょ銀行のクレジットカードは後から分割できる?

郵便局

「JP BANKカード」は、ゆうちょ銀行発行のクレジットカード。

郵便局のキャッシュカードと一体化した便利なカードですが、後から分割は可能なのでしょうか?

JP BANKカード

後から分割利用可能⭕
後からリボ利用可能⭕

「JP BANKカード」は、1回払いでの支払いを後から分割払いに切り替え可能なカード!

ただし、利用金額が5万以上での支払いに限るという条件が付いているので、高額決済時でなければ、後から分割のサービスを受ける事は出来ません。

5万円以下の支払いはNG!

最近では、後から分割の利用条件が無い便利でお得なカードも増えてきているので、大きなデメリットだと言えます。

後から分割はインターネットの専用サイト、または電話からでも支払い日の5営業前であれば変更可能となっています。

JP BANKカードの支払い回数と手数料

ゆうちょ銀行カード 後から分割

支払い方法を後から分割払いに変更する場合も、分割払い同様に手数料が発生するようになります。

例えば、10万円の一括払いで支払った商品をあとから24回払いに変更すると、支払い金額や手数料はどの程度になるのでしょうか。

支払い回数
支払期間
3回5回10回18回24回36回
実質年率(%)12.0013.2514.2514.7514.7514.50
利用代金100円あたりの分割払い手数料の額(円)2.013.356.7012.0616.0824.12

10万円×16.08÷100=16,800円(手数料の総額)

100,000円+16,800÷24回=4,866円(毎月の返済額)

10万円の借金を返済するために、1万6千800円を手数料として支払う訳ですから、よく考えて判断する必要があります。

JP BANKカードの特徴

年会費ポイント還元率国際ブランド
1,350円0.5%VISA/Master/JCB

JP BANKカードは年会費有料のクレジットカード。

ゆうちょ銀行のキャッシュカードと一体型にできるので、財布に入れるカードを少なく出来る点が最大の魅力。

また、利用条件によって無料に出来る特典が用意されています。

年会費の無料条件
対象となる公共料金等をJP BANK カードでお支払い
ゆうちょ銀行の給与預入をご利用
ゆうちょ銀行の年金自動受取りをご利用
直近1年間のお買物
金額累計が30万円以上

電気やガスなどの公共料金をJP BANKカード経由での支払いにする事で年会費が無料に!

その他にも、給料の預け入れ口座に指定したり、クレジットカードの利用総額を年間30万円以上にする等、メインカードとして活用する手もあります。

但し、ポイント還元率に優れた人気のカードと比べると見劣りする点も多いので、メインカードとしてガンガン使うメリットがあまり無いのがデメリットです。

JP BANKカードのポイント還元率

JP BANKカードは、1,000円のカード利用に対して1Pが付与されます。

1Pの価値は現金換算で5円相当なので、ポイント還元率としては0.5%。

但し、ポイントをキャッシュバックとして利用すると1P=3円の価値になってしまうので、おすすめ出来ません。

貯まったポイントの使い道は、かんぽの宿 宿泊利用券・選べるギフト・VJAギフト券・キャッシュバック・寄付・各種ポイント等、豊富にあるので、使い道に困る事は無いでしょう。

決してポイントが貯まりやすいカードでは無いので、じっくりと貯める心構えが必要です。

ゆうちょ銀行のクレジットカードは後から分割が利用可能!

ゆうちょ銀行のクレジットカード「JP BANKカード」は、後からでも支払い回数を変更できるクレジットカードです。

しかし、利用金額が5万円以上の決済に限られる点を注意しなくてはいけません。

また、ポイント還元率が低いカードなので、メインカードとしてガンガン使うには抵抗を感じさせます。

とは言え、サブカードとして利用すると(利用金額が少ないと)年会費を取られてしまう可能性があるので、特徴を理解する必要があります。

当サイトでは、後から分割が利用できるカードの特徴を多く紹介していますので、参考にしてみて下さい。

おすすめの記事