ジャパンネット銀行は日本で初めて誕生したインターネットバンキング。

ジャパンネット銀行

以前の記事では、実際にジャパンネット銀行のVISAデビットカードを申し込み、スーパーマーケットで支払いをした体験レビューを掲載しました。

VISAデビットカードとは、銀行のキャッシュカードにVISAの機能をプラスしたカード。

使ったその場で即時払い!

コンビニやスーパーなど、全国のVISA加盟店でクレジットカードのように利用できます。

使い方はクレジットカードと同じですが、支払と同時に口座から引き落とされるので、信用払い(後払い)ではありません。

支払い方法

支払い時にカード1回でと言って渡すだけ

その為、デビットカードは審査不要・手数料無料・使い過ぎの心配が無くスムーズな会計が可能になります。

ネットショッピング

ネット通販もデビットカードでOK

また最近のデビットカードは、使った金額に応じてポイントも貯まるので、現金での支払い以上のメリットがあるのです。

今回は、ジャパンネット銀行のVISAデビットカードの特徴について徹底解説していきます。

ジャパンネット銀行デビットカードは2つのタイプから選べる!

ジャパンネット銀行のデビットカード

VISAのマークに注目!

ジャパンネット銀行を開設すると、キャッシュカードにVISAデビットの機能を備えたカードを持つことが出来ます。

選べるタイプは2パターンあり、貯まるポイントの種類が変ってくるので、あなたに合ったカードを選択しましょう。

どちらを選んでも、年会費&発行手数料は無料!

15歳以上の方であれば、学生でも審査不要で申し込む事ができます。

現金還元派はベーシックカードがおすすめ!

ジャパンネット銀行デビットカードベーシック

名称ポイント還元率ポイントの使い道
JNB Visaデビットカード0.2%(500円の利用につき1JNBスター)1JNB=1円 現金還元

ジャパンネット銀行のVisaデビットカード(ベーシックタイプ)の特徴は、無駄のない現金還元の特徴にあります。

500円の利用につき、1ポイント(JNBスター)が貯まり、ポイントは1P=1円として口座に入金させる事が出来ます。

専用アプリを使えばその場で簡単に換金可能!

ポイントは利用日の翌月15日に反映され、1円単位で即時入金となるので無駄なくポイントを活用できます。

ジャパンネット銀行の場合、デビットカードを利用する事で節約にもつながる特徴が嬉しいですね。

Tポイント派はファミマTカードタイプがおすすめ

ジャパンネット銀行デビットカードファミマTカード

名称ポイント還元率ポイントの使い道
JNB Visaデビットカード(ファミマTカード)0.2%~1.0%(500円につき1ポイント)Tポイント

ジャパンネット銀行のデビットカードでは、Tポイントがお得に貯まるファミマTカードのタイプを選ぶ事も出来ます。

「ファミマTカードタイプ」のデビットカードは、カード自体にTカードが内臓されており、利用金額に応じてTポイントが貯まる特徴を持っています。

ジャパンネット銀行ファミマTカードをつかってみた

また、基本獲得ポイントは500円の利用で1ptですが、ファミリーマートでの支払いの場合、200円につき2ptTポイントが貯まりやすい特徴を持っています。

そして、火曜日と土曜日はポイント5倍デー。

200円のお買い物でポイントが5pt付与されるので、ファミリーマートを利用する方であればTポイントを効率的に貯める事が出来ます。

Tポイントは加盟店であれば1pt=1円として気軽に使え、Yahoo!関連のサービスでも重宝します。

そして、ジャパンネット銀行の口座を持っている方であれば、Tポイントを現金化させる事もできるので用途に応じた利用方法が考えられます(1000円以上100pt単位、100pt=85円)

Tカード

体験談の記事では、TUTAYAの会員カードなど複数のTカードを合体させた便利カードとして利用しています。

ジャパンネット銀行の使えるATMと手数料は?

コンビニATM

VISAデビットがあれば、キャッシュレスな支払いが可能になりますが、それでも現金が不要になるわけではありません。

ジャパンネット銀行の場合、ネット銀行なので現金の引き落としはコンビニやスーパーなどに設置されているATMを使う事になります。

ATM主な設置場所の例
セブン銀行セブンイレブン・イトーヨーカドー
E-netファミリーマート・ヤマザキデイリーストア・サークルKサンクス・ポプラ・ミニストップ・生活彩家・コミュニティストア・セイコーマート・スリーエフ
ローソンATMローソン・ナチュラルローソン
ゆうちょ銀行郵便局・ファミリーマート
三井住友銀行ATM

イオン銀行ATMでは利用する事が出来ませんが、ほとんどのATMに対応しているので困る事は無いと思います。

ATM手数料を無料にする事も可能!

ATM手数料

ジャパンネット銀行のATM手数料は、最初の月1回はいくらであっても手数料0円

そして、2回目以降でも3万円以上の引き出しであれば何度でも無料という特徴があります。

つまり、ATM手数料が一切掛からないように利用するには、3万円づつ引き落とすだけでOK。

細かい支払いに関しては、VISAデビットカードを活用する事で大抵はキャッシュレスな支払いが可能になるので、現金が必要な場合だけ3万円づつ引き落とすのが賢い利用方法。

ちなみに、2回目以降の3万円未満での現金引き出しは1回につき162円。

ゆうちょ銀行ATMだと324円も掛かってしまうので、その点だけ注意が必要となります。

ジャパンネット銀行なら宝くじが手軽に購入できる楽しみが!

ジャパンネット銀行に口座を持っていると、ついついやってしまうのが宝くじ購入ですよね。

好きな数字を選んで購入できる宝くじ

好きな数字を選んで購入できる宝くじ

ロト7・ロト6・ミニロト・ナンバーズ4・ナンバーズ3など、口座に入っている現金から気軽に宝くじを購入する事ができます。

24時間・いつでも・スマホやパソコンから手軽に購入可能

そして、当選した場合は自動入金されるのでうっかり忘れる心配なし!

当選番号の確認や、過去のデータから分析もジャパンネット銀行のHPやスマホアプリで簡単。

デメリットは、口座の金額を確認した時に金額が半端だったりするとついつい購入したくなるのがたまに傷💧。

また、ジャパネット銀行では宝くじの他にも、登録する事で公営競技の投票が可能になります。

公営競技に関しての詳しい情報は、ジャパンネット銀行HPの下部口座開設に関するよくあるご質問にてご確認下さい。

ジャパンネット銀行デビットカードまとめ

年会費ポイント還元率ポイント交換
無料0.2~1.0%キャッシュバック・Tポイント


ジャパンネット銀行の発行するVISAデビットカードは、2タイプから選べる特徴を持ったデビットカード。

また、貯まったポイントは現金還元やTポイントとして1P単位で利用できるので、無駄なくお得に活用する事が出来ます。

ATMの利用でも、月1回は無料・3万円以上の引き落としであれば何度でも無料なので、手数料が一切掛からない使い方も難しくはありません。

ネット銀行の中では人気の高いジャパンネット銀行は、サブバンクとして持っていて損はない特徴を多くもっているので、これからVISAデビットを使ってみたい方におすすめなデビットカードだと言えます!

 

おすすめの記事