最近では、国際ブランド(VISAやJCBなど)の支払い機能を備えたデビットカードの需要が高まっていますが、どのデビットカードが良いか悩みますよね。

ポイント還元率やATM手数料を気にするのは当然と言えますが、デビットカードは利用頻度の高いカードなので、デザインが気に入った物を使いたいと思うのは当然の事と言えます。

今回は、ネット銀行・メガバンク・地方銀行の3点から特にデザイン面で注目のデビットカードを紹介していきます。

デザインでも圧倒的人気!ネットバンクのデビットカード

ネットバンキング

実店舗を持たないインターネットバンクは、コンビニやスーパー・銀行など近くのATMで利用できる手軽さから、大幅な時間節約になることから便利なサブバンクとしても重宝します。

VISAやJCB加盟店で利用できるデビットカードを併用して使えば、ATM手数料を可能な限り節約しつつ、スマートな会計と家計の管理を両立する事が可能に!

ネットバンクのデビットカードはポイント還元率でお得なカードが多く、デザイン面でも特徴的なので、デビットカード選びでは最も注目の銀行となります。

楽天銀行デビットカード

楽天銀行のデビットカードは、VISAのタイプはシンプル過ぎてイマイチですが、JCBブランドであれば、パンダデザインを選ぶ事が出来ます。

「家政婦は見た!」みたいにパンダが覗き込んでいるデザインが面白いくて可愛いですね~。

ジャパンネット銀行デビットカード


日本初のインターネットバンクでお馴染み「ジャパンネット銀行」では、2種類のデビットカードから選択できます。

ICチップ搭載のカードも登場します

ファミマでお得!!Tポイントが貯まる使える

スタンダートタイプの特徴は、利用金額に応じてキャッシュバックポイントが貯まる!堅実派カード。

デビットカードの利用でTポイントが貯まる「ファミマTカード」タイプは、爽やかな青と緑が印象的で、Tポイントを貯めたい方にもおすすめ!

TUTAYAのカードなど、Tポイントのカードは増えてしまいがちなので、ジャパンネット銀行デビットカードのファミマタイプに全てまとめてしまう事で、1枚で何役も果たす便利なカードとして利用できます。

VISAタッチの機能も新たにプラスされたので、セルフレジや自動販売機などのデビットカード利用の期待が高まります。

セブン銀行デビットカード

セブン銀行デビットカード
ボノロンセブン銀行デビットデザイン

セブン銀行デビットカードは、コンビニやスーパーなどJCB加盟店で利用する事で、内臓の電子マネーnanacoが貯まる!貯める楽しみのあるデビットカード。

セブンイレブンATMでの引き出しであれば、朝7時~夜7時まで無料となるので、ATM手数料を抑えたいセブン派の人におすすめ。

セブンイレブンでお得!

セブンイレブンでお得!ATMも使いやすい

デザインはスタンダードなタイプに加え、黒を基調としたカッコいいトラディショナルデザイン。

フリーペーパーの絵本「森の戦士ボノロン」が印字されたデザインも、楽しい気分にさせてくれて面白いですね。

イオン銀行デビットカード

イオン銀行一般カード
スージー・ズーデザイン

イオン銀行のデビットカードはメタリック風の一般カード。

世界中で愛される絵本「スージー・ズー」のデザインカード。

マカロンデザインのデビットカード

ポップで可愛らしいマカロンデザインのデビットカードなど、3種類から選ぶことが出来ます。

イオンでのお買い物頻度が高い方や、マックスバリュ・ミニストップATMなどで便利に利用できます。

デビットカードとは思えない明るいデザインが特徴です。

GMOあおぞらネット銀行

GMOあおぞらネット銀行は、インターネット事業を幅広く展開するGMOグループあおぞら銀行グループが協力して立ち上がった、全く新しいインターネットバンク。

カードデザインはクールなブラックタイプ清潔感のあるホワイトタイプから選択できるので、使い場所を選ばないデザイン性が特徴。

便利な使い分け口座の機能や、お得に利用できる外貨預金などインターネット企業と銀行の良い面を全面に押し出した特徴に注目です!

デザイン的には硬派なイメージなので、使い場所を選ばないシンプル派な方におすすめ。

ソニー銀行

ソニー銀行のデビットカードはデザイン面で特徴的ですね!

スタンダードなカードでも、個性的でインパクトのあるストライプカラー。

ソネットのマスコット「ポストペット」デザインも遊び心が感じられますね。

メインバンクとしても人気の大手銀行デビットカード

メガバンク

ネット銀行の人気が高まっていますが、給料の振込先などに指定するメインバンクは大手銀行にしている方も多いかと思います。

メインバンクを変える事は中々難しいのですが、デビットカードを使う為のサブバンクとしても大手銀行カードデザインで選ぶの一つの方法です。

三菱UFJデビットカード

メガバンクの筆頭として絶大な安定感のある三菱UFJ銀行。

他のデビットカードが横を意識したデザインなのに対し、縦型を強調している点が特徴的ですね。

ドット柄の3色からお好みのデザインを選ぶことが出来ます。

年会費として2年目以降は1,000円の費用が発生するデビットカードなので、その点は注意が必要です。

みずほ銀行デビットカード

メガバンク2つ目は「みずほ銀行デビットカード」。

みずほ銀行のブランドロゴと同じく、太陽が昇る地平線を表しています。

ただ、デザイン的にはシンプルですね・・

三井住友銀行デビットカード

メガバンクデビットカードの中でもデザインへのこだわりを見せているのが、三井住友銀行のデビットカード。

三井住友銀行のマスコット「みどすけ」(好奇心旺盛なカワウソ)デザインは、可愛らしくて愛着がわきそう。

かと思えば、龍のデザインや花柄など個性的で洗練されたデザインもあるので、デビットカードを選ぶ楽しみも感じられます。

 

りそな銀行デビットカード

りそな銀行からは、猫のマスコットキャラクター「りそにゃ」デザインのデビットカードが登場。

ちょっとシュールなデザインが特徴的ですね。

地域密着が強み!地方銀行デビットカード

地方銀行

最近では地方銀行でも国際ブランドに対応したデビットカードを発行している銀行が増えてきています。

ネットバンクなどと比べるとポイント還元率などの優位性は劣りますが、地域密着が強みです。

しかし、デザインが良いからと言って旅行先で記念に作るなんて事は出来ません。

あくまで、自分の住んでいる地域限定になります。

スルガ銀行デビットカード

スルガ銀行は、主に静岡県・神奈川県を中心とした地方銀行。

VISAの国際ブランドに対応しており、デザインとしてはポップな絵柄が面白いですね。

ライフ・トラベル・シティの3種類から選ぶ事ができます。

沖縄銀行デビットカード

 

沖縄の地方銀行からは「おきぎんJCBカード」が登場。

南国をイメージさせるハイビスカスデザインや、沖縄の美しい海を表現したジンベイザメデザインが面白いですね。

地方銀行デビットカードはその土地に住んでいる人じゃないと作れないので、デザインが良いからといって旅行ついでに作れないのがデメリットです。

名古屋銀行デビットカード

名古屋銀行からは、オリジナルのゆるきゃら「うさぎ支店長」デザインのデビットカード。

ゆるキャラがデザインされているデビットカードは珍しいので、愛着が沸くカードになるかも?

紀陽銀行デビットカード

紀陽銀行は、和歌山県の地方銀行。

デザインが特徴的なデビットカードを一覧で見ていると、若干弱いインパクトのように感じてしまいますが、地方銀行デビットカードの中では悪く無いと個人的には思います。

横浜銀行デビットカード

神奈川県を中心とした地方銀行。

デビットカードのデザインは青いストライプ柄で、少し固いイメージではありますが使う場所を選ばないシンプルさが強みだと言えます。

デビットカードデザインまとめ

国際ブランドが備わったデビットカードはクレジットカードのように使え、即時決済(その場で銀行から直接引き落とし)される便利なカード。

デビットカードの人気が高まってきた事から、各銀行でもデザインに力を入れ始めました。

ファミマTカード

中でもネット銀行のデビットカードは、ポイント還元率も高く、コンビニATM等で気軽に引き出せる事から人気が高まっています。

デビットカードは、コンビニ・スーパー・量販店・ネットショッピングなど利用頻度が非常に高いカードになるので、カードデザインにもこだわりたい所!

当サイトでは、デビットカードの情報もガンガン更新していくので参考にしてみて下さい。

 

 

おすすめの記事