デビットカードとは、銀行のキャッシュカードに、即時払いのカード機能を備えた便利なカード。

最近注目されているのが、VISAやJCBなどの国際ブランドを持ったデビットカードです。

\VISAデビット/

国際ブランド付きのデビットカードであれば、クレジットカードのようにVISAやJCB加盟店でスムーズな会計が可能に!

そして、利用金額に応じてポイントも貯まっていくので、現金払いよりもお得にスムーズに会計を済ます事が出来ます。

デビットカードはクレジットカードと違い、自分の口座に入っている金額までしか利用出来ないので使いすぎる心配がありません。

これから先、コンビニからATMが消える事が確実とも言われ、いつまでも現金派などとも言ってられない状況になってしまうのです。

そこで、注目なのが簡単・安心に使えるデビットカード!

では、デビットカードを選ぶポイントはどこなのでしょうか?

デビットカードのポイント還元率

ポイントがたまる

デビットカードの中には、利用金額に応じてクレジットカードのようにポイントが貯まるカードがあります。

一般的なデビットカードのポイント還元率は0.2%程度と、クレジットカードと比べると若干低めですが、中には0.5~1.0%など高いポイント還元率が特徴となるデビットカードも登場しています。

日常的な支払いをデビットカードに集中させ、ポイントを多く貯めたい方は、ポイント還元率が高いデビットカードを選ぶと良いでしょう。

獲得ポイントの貯まりやすさの例

利用金額還元率0.2%還元率0.5%還元率1.0%
5,000円10pt25pt50pt
10,000円20pt50pt100pt
30,000円60pt150pt300pt
50,000円100pt250pt500pt

0.2%と1.0%の還元率では、ポイントの貯まりやすさが5倍違う事が分かる。(1pt獲得=1円相当)

国際ブランド(VISA・JCBなど)が付いたデビットカードは、使えるシーンが多いので、利用金額の多い人ほどポイント還元率が高いデビットカードがお得になります。

何と交換できるのか?も選択のポイント

貯まったポイントの使い道は銀行によってそれぞれ。

キャッシュバックとして現金還元できるカード・電子マネーとして利用できるカードなど、ポイントの使い道もデビットカードを選ぶ目安の一つになります。

銀行よっては、貯めたポイントの使い道が限定されてしまうケースもあるので、何と交換できるのか?もデビットカードを選ぶ際の目安になります。

銀行名ポイント交換
楽天銀行楽天スーパーポイント
セブン銀行nanaco
イオン銀行ときめきポイント
ジャパンネット銀行(ベーシック)キャッシュバック
ソニー銀行キャッシュバック

ここまで見ると、ポイント還元率が高く・幅広い使い道を備えたデビットカードが優秀なように思えます。

しかし、デビットカードの場合はクレジットカードと違った観点で重要視すべき点があるのです。

対応ATMは使い勝手で決める

イオン銀行カードの場合、セブン銀行では利用できない

イオン銀行カードの場合、セブン銀行では引き出せない

VISAデビットカードがあれば、キャッシュレスでスムーズな会計が可能になります。

しかし、キャッシュレスと言っても・・

現金を引き出す必要が全く無くなるわけではありません。

VISAやJCBなどのカードが使えない店舗(サービス)もまだまだありますから、現金を引き出すキャッシュカードとしての役割も重要。

GMOあおぞら銀行カードの場合、使えるのはセブン銀行だけ

GMOあおぞら銀行カードの場合、使えるのはセブン銀行だけ

キャッシュカードATMには相性があるので、どのATMでも引き出せるとは限りません。

つまり、自分がよく利用するATMで使える銀行を選ぶ必要があるのです。

ここでは、イメージとしてわかりやすくする為の例で紹介します。

デビットカード相性の悪いATM
セブン銀行イオン銀行ATM
イオン銀行セブン銀行ATM
楽天銀行サークルKサンクス(ゼロバンクバンク・タイム)
GMOあおぞら銀行セブン銀行以外 全てのATM

この表では例として、楽天銀行はゼロバンク・バンクタイムと相性が悪いとしていますが、ネット銀行ではイオン銀行を除いて相性が悪いATMとなります。

相性の悪いATMでは、引き出したくても利用出来ませんとなってしまうので、使えるATMが多い銀行を選ぶのもデビットカード選びのポイントとなります。

1回あたりの手数料も気にすべき!

デビットカード良し悪しはポイント還元率ばかりに目が行きがちですが、ATM手数料を抑える事も重要!

例えば、楽天銀行デビットカードは業界TOPクラスにポイントが貯まりやすいお得なカード。

デビットカード例楽天銀行

ジャパンネット銀行

ポイント還元率1.0%0.2%
ポイント交換楽天スーパーポイント現金還元
ATMの引落し手数料1回につき216円1回につき162円(3万円以上の場合は何度でも無料)

ポイント還元率を見ると5倍も差があるから楽天銀行の方がお得?と言うとそうとは限りません。

楽天銀行で毎月2回をATMで引き出すと月換算422円、年間として考えると手数料だけで5,000円以上支払っている事になります。

逆にジャパンネット銀行は、毎回3万円づつ引き落とすよう心がけるだけで、手数料は一切かからなくなります。

ポイントだけで5千円を還元させようと考えると、ポイントが貯まりやすい楽天銀行のデビットカードだとしても50万円分の買い物が必要になります。

ATMの手数料を抑える事も重要!

つまり、現金を引き出す頻度が高い人の場合は、ポイント還元率よりもATM手数料に気を配るべきだと言えます。

お洒落なデザインのデビットカードも登場している!

デビットカードを作って感じたのは、最近はカッコ良いデザインのカードが増えてきている事!

セブン銀行デビットカード

セブン銀行デビットカードはnanacoを搭載

一見クレジットカードじゃないかと思うほど、デザイン面でのこだわりを感じます。

同じ銀行でもいくつかのパターンからデザインを選べるケースも多いので、どんなデザインのデビットカードがあるのか見るだけでも楽しいですね。

ジャパンネット銀行のデビットカード

ジャパンネット銀行のデビットカード(Tカードタイプ)

デビットカードを持つと、支払時に提示する機会が多くなるのでデザインが良いカードの方が気分良く買い物が出来ます。

もし、ポイントや使い勝手で大差が無い場合はデザインが良い方を選ぶというのも手かと思います。

デビットカードを選ぶポイントまとめ

デビットカードまとめ

自分に合った最適なデビットカードを選ぶには、使い道に応じた特徴の把握が重要となります。

  1. ポイント還元率
  2. ポイント交換先
  3. 対応ATM
  4. ATM手数料
  5. デザインで選ぶのも有り

お得感ばかりに目を向けていると、思いのほか手数料を取られていた・・そんな事にもなりかねません。

また、以上の基本的な部分だけではなく銀行独自の特色が必ずあるので、その違いを見て比較する事でお気に入りのデビットカードを導き出す事ができるのです。

当サイトでは、後から分割のクレジットカードだけではなく、おすすめのデビットカード情報も随時掲載予定ですので、参考にしてみて下さい。

おすすめの記事