にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

クレジットカードに入会する為の書類にはどんな物があるの?

社会人

クレジットカードの入会には、申込書の記入と同時に、本人確認する為の証明書などが必要になります。

本人確認書類とは一体どういったものなのか?

用意する書類や、必用な物、申込書には何を書くのか。

このページでは、これからクレジットカードの申込みをする方に向けた、必用書類の解説をいたします。

入会の際に必要な物

  • 本人確認書類(コピー)
  • 金融機関の口座情報
  • 本人確認書類金融機関の口座銀行印

 

必要になる場合もある物

  • 銀行印
  • 親の同意(未成年の場合)
  • 収入証明書類(自営業の方・年金収入の方・キャッシング希望の方)
  • 学生証(学生の方)
  • 本人確認書類(コピー)

 

本人確認書類は、本人である事を証明する重要な証明書です。

運転免許証を持っていれば問題ありませんが、その他の本人確認書類に関しましては、入会するカード会社により異なる場合があるので注意が必要です(いずれか一点のコピーが必要になります)

また、最近では印鑑が無くても作れるカードも増えてきています(楽天カード・エポスカードなど)。

本人確認書類

本人確認

・ 運転免許証・ 運転経歴証明書・ パスポート・ 健康保険証・ 住民票の写し

※ 印鑑証明書※ 各種年金手帳※ 住民基本台帳カード※ 在留カード※ 外国人登録証明書 など

※入会カード会社により異なる場合があります

学生証は本人確認書類?
学生の方(18歳以上で高校卒業後の方)がクレジットカードを作る場合、学生証だけでは本人確認書類として不十分です。 学生カードを作る場合でも、上記いずれか一点のコピーが必要になります。
未成年は親の同意が無いと作れない?
未成年の方がクレジットカードを作る場合には、親の同意が必要になります。 同意欄がある場合は署名をしてもらう必要があります。また、カード会社から電話での同意の確認が行われる場合もあるので、未成年の方は必ずクレジットカードを作る事を伝えておく必要があります。

 

本人確認書類と現住所が一致しない場合

現住所と本人確認書類に記載されている住所が異なる場合には、現住所が確認できる書類が必要になります。

  • 公共料金の領収証書
  • 社会保険料の領収証書
  • 国税、地方税の領収証書または納税証明書など

 

自営業の方・年金収入の方・キャッシング希望の方

自営業を営んでいる方や、お勤めで無い年金収入の方は、収入を証明する書類が必要になります。

また、賃金業法の改正により、年収の1/3以上の貸付が法律で禁止になりました。

それに伴い、50万円以上のキャッシング枠を希望の場合や、他社借入れ金額と希望キャッシング枠の合計が100万円を超える場合には、収入を証明する書類が必要になります。

収入を証明する書類の例

サラリーマンの方個人事業主の方年金取得者の方その他
源泉徴収票確定申告書年金証書課税証明書(所得証明書)
納税通知書青色申告決算書年金振込通知書納税通知書
確定申告書収支内訳書
給与明細書

銀行印

銀行印

銀行印とは、口座を作る際に使用した印鑑の事です。

クレジットカードの入会の際には、銀行印が必要になります。

銀行印と一致しない印鑑での届出の場合は再提出する事になるので、注意が必要です。

尚、銀行印を無くしてしまった場合や分からない場合は、銀行へ行き銀行印の変更手続きや、銀行印の確認をする必用があります。

申込書の記入事項

確認

クレジットカードの申込書(WEB)には、本人情報・住居・家族構成・仕事・収入などの、個人情報を記入する必要があります。

申込み書は、カード発行の可否や利用枠に影響するので、間違いのないよう正確な情報を記入する様心がけましょう。

申込書の記入項目 例

項目記入事項
本人情報氏名・年齢・電話番号・メールアドレス・住所 等
世帯・家族構成世帯主・家族構成・配偶者・子供 等
住居情報住居形態・住居年数 等
勤め先情報職業・会社名,電話番号,住所,年収,勤続年数 ,役職,会社規模 等
信用情報借入れ額・キャッシング枠の希望額 等

これらは、クレジットカードの審査で重要な基準となる項目なので、正確な情報を記入しましょう。

おすすめの記事