にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

身近なカード被害 カード依存の恐怖

買い物依存

ネット通販が当たり前になった事で、自宅に居ながらにして気軽に買い物が出来る便利な時代になりました。

しかし、便利になったが故に買い物依存に陥る危険性は高まってきています。

クレジットカードは、生活する上で大変便利なアイテムですが、使い方を間違えると人生を狂わしてしまう可能性もあります。

  • クレジットカードを安全に利用するには?
  • どんな使い方をすると危険なのか?
  • クレジットカードを使う上で最も注意しなくてはいけない点は何か?

 

買い物依存の原因の多くは、周囲からのストレスが考えられます。

クレジットカードを持たないというのも回避策のひとつですが、このページでは、クレジットカードの安全な使い方を解説し、買い物依存にならない為のクレジットカードの利用方法を提案をしていきたいと思います。

買い物依存の相談(引用)

買い物依存症は病院に行くしかないですか?

私は買い物依存症です。今の買い物先は主にヤフーオークションです。パソコンはオークションをするための物と化しています。

買ったものは一通り確認してそのまま部屋にしまいっぱなしです。ほとんど見る事、使う事はありません。気に入った物もそうでない物もです。

部屋もめちゃくちゃです。片付けられない人でもあります。一時と比べるとかなり出費(落札量)は抑えてはいますが依然止まりません。

落札したものの来てみたら思ったほどの物ではない、あ~あという物も結構ありまして、それを捨てなくてもいいのでオークションに出品すればいいのですが、なんかおしくてできないんです。

母も片付けられない人というのは知っていたのですが............

どうしても買い物がやめられません。

どうしても買い物がやめられません。やめようと思ってもやめられません。

私はたぶん買い物依存症です。今の買い物先は主にヤフーオークションや楽天、NETSHOPです。

お店で見ると安いものしか買えない(靴は2000円以下、服は2500円以下、それでも最近は馬鹿みたく買います)のにネットだと好きなブランドがあってどうしても欲しくなれば靴は20000円以下、服は50000円は出せます。また最近は安い靴や服にも特に目がいってしまい1回に2000円以下の買い物が数回あります。

クレジット決済だから余計買ってしまうのでしょうか・・・毎月請求が来てからこんなに!?って驚きます・・・

買ったものはほとんどが一通り確認してそのまま部屋にしまいっぱなしです。使うのは5着~10着に1,2枚しかありません。

気に入った物もそうでない物もです。部屋もめちゃくちゃで片付けられない人です。............

クレジットカードのリボ残高の返済について

恥ずかしい話ですが、いい歳をして買い物依存症のような症状が何年も続き、うつ病と重なって、ストレス発散で買い物し続けてしまいました。

結果、2社のクレジットカードの残高が合計80万くらいになってしまいました。

現在20代後半の女性、派遣勤務です。うつ病の症状もあり、仕事はなんとかしている状況で月13万くらいしか手元に入りません。

なのに、以前月収20万以上のお仕事をしている時の感覚がなかなか消えず、大量に買い物しては、毎月後からリボにしていたツケがたまってしまった状態です。............

ネット買い物依存症?

4月から、ネットショッピングにハマっています。3日おきに商品が届く感じです。

4月から3つのクレジットカードで、約50万買い物しています。毎月リボ払いにしているので、月々の支払いは合計1万くらいです。

いまのところ自分で返せていますが、今大学院生で、アルバイトがあまりできないため、授業のアシスタントの収入で月2万ほど稼いでいるくらいです。

毎日某通販サイトを見なければ落ち着かないし、親にも「ちょっと物買いすぎじゃないの?」と言われ始めてます。

買ったものはほぼきちんと使っていますが、いらなくなったものがあるとすぐオークションで売ってしまいます。

最近カード利用可能残高が少なくなってきたので、さすがにやばいと思い始めていました。............

40代独身。買い物をやめる方法を教えて下さい。

40代(独身・女)です。

お恥ずかしい話ですが、洋服の買い物がやめられません。給与は毎月17万程度です。

家賃や必要な物を払ったら贅沢できる給料ではありません。それなのに、ローンを組んでまで洋服を買ってしまいます。いけない・・・と思うのにどうしても抑えられません。

決して高いモノではないですが、数を買ってしまいます。それを着て職場に行く日は、確かにいい気分はしますが、ローンを組んでまで買った自分に対して嫌悪感を感じます。

同じ年代の女性は夫やお子さんがいて落ち着いています。それなのに自分は・・・と思うと情けなくてたまりません。どうすれば買い物をやめることができるのでしょうか............

助けてください!買い物をやめるには?

35歳、フルタイム正社員、既婚、5歳の子供がいます。買い物がやめられなくて真剣に悩んでいます。

買う物は主に洋服と化粧品です。社会人になってからずっと買い続けているので、洋服はたくさん持っています。

持っているのに素敵な服を見ると忘れられず、何日もその服のことばかりを考えてしまい落ち着かないので買ってしまいます。

またデザイン等が気に入ると、同じものや色違いを何枚も買ってしまいます。

化粧品は気に入ったものがあると、2・3個ストックがないと落ち着かず、買ってしまいます。

化粧品はデパートではなく通販でのみ購入していますが、ストックがあるのに新商品が出ると取り寄せ→気に入るとストックを購入してしまいます。

20代はそこそこ年収もあったので問題なかったのですが、出産とともに転職し、年収が半分に減ったにもかかわらず買ってしまいます。

私の給料から子供の保育料と自分の生命保険料等・携帯代・家族のレジャー代を負担していますが、残りはほとんど買い物に使ってしまっています。

これでは何のために共働きしているかわかりません。

夫の給料から貯金はできていますが、子供のためにもっと貯金したいです。

自分なりに考えて、クレジットカードは全て解約しましたが............

カード限度額超え。

今年初めてカードを作りました。その時は何か電化製品等高い商品を分割で支払うつもりでしたが、いつの間にか買い物依存症に、これで2回目です。

前は主人の別のカードでその時は一括支払いにしていた為月末は16万円とか請求がきて、保険を解約した程でした。少しの間は治まっていたのですが、今月ショップから手続きが出来ないとメールがきて驚きました。

調べて限度額30万円というのがわかりました。それは一年間で30万円を超えた、んでしょうか?それとも一ヶ月で、なのでしょうか?

実は精神的障害者2級で、特に計算が苦手です。足し算も引き算も今ではかなり難しいです。13年間運送会社の事務員をしていたのですが............

妻が借金を返済しない。

妻がカードショッピングで積もり積もった役100万円を返済しないので困っています。

現状の返済方法はリボ払いで月に一万円。月の利用額が一万を超えているので永遠に返済できません。利息も安くないので無駄な出費に困っています。

私に貯金があるので一括で返済したいとの相談を持ち掛けても、自分の作った借金は自分で返すから口を出すなと言われます。

じゃあどんな返済計画かあるのか聞いてもはぐらかされ話になりません。

利息など気にしないレベルの収入があるなら文句もありませんが、そんなこともありません。将来の為にもなんとかして借金の返済をしたいのですがどう説得すればいいのでしょうか?

プライドの高い嫁は他人に介入されたくないと言って譲りません。

困っています、どうすればいいのてましょうか?............

買い物依存になる人

買い物依存

クレジットカードを利用する上で最も危険な事は、無駄遣いです。

自分の生活を豊かにする為に使ったり、頑張ってる自分や家族にご褒美等、使えるお金の範囲内で利用する分には、健全なお金の使い方だと言えます。

しかし、中には物を手に入れる事が目的ではなく、買い物をする行為自体がストレスの捌け口であったり、気が付けば買いたい物の事ばかり考えてしまっている等、自分が利用出来る範囲を超えても尚、買い物をしたい衝動を抑えられない人も居ます。

重度になると、買ったものの値段を偽ったり、買ったものを隠したりする場合もあります。

カードの利用額が多くなり過ぎると、利用合計金額を見るのが怖くなり、現実逃避の為に更に買い物をする→自己嫌悪に陥るの繰り返しになり、クレジットカード自体も限度額に達してしまいます。

クレジットカードを安全に利用するには、クレジットカードの健全な利用方法を理解し、正しい金銭感覚を身に着ける必要があります。

クレジットカードを安全に利用するには

世の中には、クレジットカードを使いたくないと考える人達が意外と多く居ます。

それら多くの人は、クレジットカードの怖さをしっている訳ではありませんが、使わなければ危険は無いと感じている、又は、使う必要性を感じない方です。

しかし、インターネットの普及や世の中の流れから、クレジットカードを持っていないと不便を感じるケースも増えてきました。

クレジットカードは安全に使う方法を知っていれば、危険な使い方をする可能性は無くなり、現金支払い以上にお得に利用する事が出来ます。

クレジットカードを賢く使うには

システムを理解する

明細チェック

クレジットカードは、利用店舗に支払うべき代金をクレジット会社に立て替えてもらい、利用者は指定口座から代金をクレジット会社から引き落とされます。

クレジットカードは、信用で成り立っているので、支払いの遅れや未払いは、信用情報に傷を付けてしまいます。

クレジットカードを正しく使い続けることが出来れば、将来的にローンを組む際の審査や、クレジットカード利用枠・入会手続きなどでプラス評価となります。

料金の引き落とし日は〆日の翌月○○日など、カード会社によって期日が決められいます。〆日と引き落とし日を知っておくことはクレジットカードを利用する上で重要です。

また、〆日の範囲は必ず利用日になる訳ではなく、店舗がクレジット会社に請求した日付に基づく為、引き落とし日が予想より後になる場合もあります。

引き落とされる金額や手数料は、支払い方法により異なり、利用出来る支払い方法も、利用しているカードや支払いをする店舗によっても異なります。

支払い方法支払い回数金利手数料特徴
一括払い1回無料基本となる支払い方法で、手数料無料は掛からない
2回払い2回無料(例外あり)殆どのカードでは手数料無料だが一部、例外カード有り
分割払い3回~カードにより異なる有料回数を指定して支払う方法
ボーナス払い1回無料カード会社の定めた時期の支払い(8月・1月など)
ボーナス2回払い2回有料カード会社の定めた時期の支払い(8月・1月など)
リボ払い利用方法によって異なる有料毎月の支払い金額を指定して支払う方法

カードを使うルールを決める

ルールを決める

カードを安全に使う方法の一つとして、どんな支払いの場合にカードを使うか?自分ルールを決めましょう。

ポイントが沢山付くからと言う理由で、全ての支払いをクレジットカードに任せるのも良いですが、無制限のルールは無駄遣いの可能性も秘めています。

自分の性格に合った、無駄遣いをしない為のルールを構築する事で、間違いの予防に繋がります。

利用方法例.1

ショッピング利用はしない等の利用制限を決める

毎月、必ず支払う料金(通信費・公共料金・交通費など)に限りクレジットカードを使う。

それ以外の日常的な買い物などは、全て現金での予算内で済まします。

現金利用分はクレジットカードのポイント加算に含まれないデメリットはありますが、ポイント還元率はせいぜい利用料金の0.5%~2%程度です。

無駄使いをしてしまう可能性を考えれば、むしろ有るだけしか使えない現金だけで、やり繰りした方が節約に繋がる可能性が高いと考えられます。

カード払いは固定費専用なので(一括払い)、手数料も掛からず、支払い忘れの心配も無く、更にポイントも付いて一石三鳥。持ち歩かないので紛失の心配もありません。

これは一つの例ですが、自分なりのクレジットカード利用ルールを決める事は、最も簡単なクレジットカードを計画的に利用する方法です。

利用方法例.2

ネット決済専用カードを作る

インターネットショッピングを楽しみたいけど、クレジットカードを作るのは怖い・・。

そんな人に、おすすめなのがネット決済専用のクレジットカードです。

例えば、三井住友VISAバーチャルカードなら利用限度額が10万円と低く設定されている為、買い物をし過ぎる心配が無く利用できます。

このカードであれば、分割払いでもリボ払いでも10万円以上の利用にはならない事から、使っても怖くないカードとして利用出来ます。

更に、第三者による不正利用を保障する悪用保証サービスや、購入した商品の盗難・破損を保証するお買い物安心保証まで付いているので、安心して利用出来ます。

最近では、ネットショッピングにハマッて買い物依存になってしまうケースも少なくないので、10万円以上使えないバーチャルカードを利用する事は、健全なカード利用の方法の一つとして考えるのも良いでしょう。

 通常のカードでもカード会社に電話する事で、限度額を引き下げる事は可能です。

利用方法例.3

分割払い・リボ払いは使わない

分割払いやリボ払いは、決して悪い利用方法ではありません。

一括払いとの違いは、高額な物であっても支払い回数を増やすことによって、手持ちのお金以上の物を完済する前に利用出来るメリットがあります。

しかし、正しい金銭感覚を持っていない方や浪費癖のある方には、危険な支払い方法で有る事は確かです。

買い物依存に陥る人の多くが、こういった支払い方法を利用してしまう事を考えると、計画的に利用する自信の無い方は、ルールとして使わないと決めるのも一つの方法です。

特にリボ払いは、どれだけ買い物をしても毎月の支払金額が変わらない利用方法(期間は長くなる)なので、

利用明細を確認する習慣をつける

確認

最近のクレジットカードは、WEB上で簡単に利用明細を確認出来るようになりました。

利用明細は支払い金額の確認だけでは無く、このカードは後いくら使えるのか?いつ何を購入したか?など、クレジットカードを計画的に使う為に必要な情報が書かれています。

WEB明細では、数ヶ月前の明細でも簡単に見ることが出来るので、利用状況を自分なりに分析する事も可能です。

また日常的に利用明細を確認する事は、身に覚えの無い請求を発見する意味でも非常に重要です。

おすすめの記事